スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

アリス症候群の治療

アリス症候群治療にはどのようなものがあるのでしょうか?

アリス症候群の症状は、視野に異常があり、自分の体が歪んでいく感覚や、人の顔などが大きく見えてしまう事があるそうです。

いつもと同じ時間でもとても早く感じてしまったり、遅く感じてしまったり。とても不思議な現象が多いようですよ。アリス症候群は子供に多く見られる症状で、偏頭痛があり、目眩を起こしその後アリス症候群のような症状になってしまった、と言う子供がいたそうです。

アリス症候群の治療のほとんどは、根本となっている原因を取り除く事で改善される傾向がありますが、大人になってもこのような症状を引き起こす事が多く、向精神薬などを飲んでいる方にも見られる症状のようです。

子供は、周囲に理解されない事から症状を訴える事が少ないため、患者数は不明になっています。自分の声が小さく聞こえたり、他の人の声が小さく聞こえたりする事から、脳の血流により引き起こされているとされていますが、原因の特定までには至っていないようです。

アリス症候群は一過性のものなので、すぐに治る場合が多いため、気にとめない患者の方が多くいます。ですが、子供ばかりでなく、うつ病や、統合失調症の患者においてもこのような症状が見られ、アリス症候群なのか判断するのが難しいと言われています。

症状そのものは周囲に理解しにくいものですが、精神科でも本人の自覚症状から推測するしか手段は無いので、このような事を感じるのであれば、早めの受診と治療が必要です。

スポンサードリンク

IPアドレス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。