スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

アリス症候群の原因

不思議の国のアリス症候群と言う病気は、見る物が大きく感じたり小さく感じたり歪んで見えてしまったりするそうです。この病気は、1955年に精神科医のドット医師により名付けられたそうです。

原因は不明ですが、ヘルペスなどの感染症によって引き起こされる事が多く、一過性のものですが、数日間このような症状が続く方もいらっしゃるそうです。

視野だけではなく、時間においても、時間が遅く感じたり、すごく早く感じてしまったりと、とても不思議な現象が起きてしまうそうです。小さい子供に多い症状ですが、大人になってからもこのアリス症候群に悩まされている方は多く、偏頭痛を持っている方にこのような症状が見られるそうなんです。

向精神薬を服用している方にもこのような症状に悩まされる方は多く、てんかんや統合失調症の方にも見られる症状のようです。アリス症候群の名前の由来は、童話にもある不思議の国のアリスが、薬を飲んで小さくなったり大きくなったりする事からこのように名付けられたそうなんですよ。

視界の半分だけが大きく見えてしまったり、自分の片方の足だけが大きく見えてしまう事もあるそうです。さまざまなパターンのあるアリス症候群ですが、脳全体が関係している症状であるとされているそうですよ。

精神的なストレスなども影響していると考えられているのでこのような症状があるのであれば、精神科へ行って相談する事が必要になります。悩んでいるのなら、医師にしっかり相談してみましょう。


スポンサードリンク

IPアドレス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。