スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

アリス症候群とは!原因、症状から治療までサイトトップ >アリス症候群 夢 >>アリス症候群は夢の中の出来事

アリス症候群は夢の中の出来事

睡眠中に見る夢には不思議夢を見てしまう事もあります。空を飛んでいる夢など現実には起こらないような事がの中では起こってしまいます。

物が大きく巨大に見えたり自分がとても小さくなってしまったり、小さい頃の記憶をたどってみるとこのような症状になっていた方が多くいます。

この症状が実際に見えるのであれば不思議の国のアリス症候群の疑いがあります。アリス症候群とも言うこの病気は、普通で見える物が巨大化して見えてしまったり、逆にとても小さく見えてしまったりするそうなんです。

自分が立っているのにも関わらず、まるで足が地面についていないような不思議な感覚にもなってしまうそうです。キレイな空も、霧がかかって見えてしまったり、テレビを見ていても登場人物が歪んで見えてしまったりと、とても不思議な病気なんですよ。本も出版されている不思議の国のアリス。

まるでアリスのような体験をしてしまう事から不思議の国のアリス症候群と付けられたそうなんです。アリス症候群は一過性の症状が多いですが、物や人が大きく見えてしまうと、とてつもない恐怖感に襲われ、自分が小さくなってしまうと、とても悲しい気持ちになってしまうそうなんです。

アリス症候群の原因はわかっていませんが、偏頭痛持ちの方に多い症状のようです。子供に多い症状ですが、大人でもアリス症候群に苦しんでいる方もいます。アリス症候群は周囲の見え方が極端に変わってしまったり、自分にしか見えていないので周囲の理解も得る事が難しいようです。実際に起こってしまうアリス症候群はの中の出来事ではありませんよ。

スポンサードリンク

IPアドレス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。