スポンサードリンク


スポンサーサイト

離人症はアリス症候群の症状

アリス症候群は、物が小さく見えたり大きく見えてしまったりと、視覚や聴覚に問題がある病気です。アリス症候群と同様の病気には、離人症があります。この離人症の症状は、自分の体からもう一人の自分が抜け出し、自分を観察しているそうなんです。普通の方には理解されにくい病気ですが、精神疾患の1つでもあります。なので、自分が生きているという感覚が鈍くなってしまい、まるでロボットのように操られている感覚があるようで...

物が大きく見える症状

アリス症候群にはさまざまな症状が現れます。特に多いのが、物が大きく見える症状。これは、大視症と言われ、例えば小さな虫を見ると、通常の人は小さいそのままのサイズで見る事ができますが、アリス症候群の方は、何倍の大きさにも見えてしまうそうなんです。それもとんでもなく大きな物に見えてしまい。目を覆いたくなる程なんですよ。通常の方であればハエは小さくうるさい感じがしますが、アリス症候群の方は、ハエも大きく感...

不思議の国のアリス症候群について

不思議の国のアリスと言う童話を小さな頃に読んだ記憶はありませんか?童話の世界の話であって実際に起こる事の無いような現象が次々と起こります。アリスは薬を飲むと、小さくなってしまったり、大きくなってしまったり。この事が実際の生活で現れるとするとどう思いますか?不思議の国のアリス症候群または、アリス症候群と言われている病気があるのです。これは、1955年に精神科医のドット医師が名付けた事から今では、アリ...

樋口一葉がアリス症候群だった!

低学年の子供に多いアリス症候群。物が小さく見えたり大きく見えたり、聞こえる声も大きかったり小さかったりと、通常の人には考えられないような見え方や聞こえ方をしてしまうそうです。色覚も、緑や青などみ見えてしまう事が多く、偏頭痛を持っている子供に多く見られるようです。原因は不明ですが、子供ばかりでなく、有名な樋口一葉もアリス症候群なのではなかったのかと推測されているようです。それは、樋口一葉の作品、にご...

アリス症候群の治療

アリス症候群の治療にはどのようなものがあるのでしょうか?アリス症候群の症状は、視野に異常があり、自分の体が歪んでいく感覚や、人の顔などが大きく見えてしまう事があるそうです。いつもと同じ時間でもとても早く感じてしまったり、遅く感じてしまったり。とても不思議な現象が多いようですよ。アリス症候群は子供に多く見られる症状で、偏頭痛があり、目眩を起こしその後アリス症候群のような症状になってしまった、と言う子...

アリス症候群の症状

アリス症候群は、子供に多い症状で多くの子供がアリス症候群を抱えているとされていますが、子供の症状を聞い入れてくれる親は少なく、病院へ受診しないケースが多いようです。そのため、患者数は不明ですが、偏頭痛などを発症した時にアリス症候群を引き起こす場合が多く、偏頭痛を改善すると、アリス症候群も現れなくなるようです。アリス症候群とは、体が変形する感覚があり、視覚などにも異変が現れます。物が大きく見えてしま...

アリス症候群の原因

不思議の国のアリス症候群と言う病気は、見る物が大きく感じたり小さく感じたり歪んで見えてしまったりするそうです。この病気は、1955年に精神科医のドット医師により名付けられたそうです。原因は不明ですが、ヘルペスなどの感染症によって引き起こされる事が多く、一過性のものですが、数日間このような症状が続く方もいらっしゃるそうです。視野だけではなく、時間においても、時間が遅く感じたり、すごく早く感じてしまっ...

アリス症候群とは

不思議の国のアリスは童話などでも小さい頃に読んだ記憶がありませんか?不思議の国のアリスまたは、アリス症候群と呼ばれる病気があります。その病気は、自分が大きく感じたり、他の人が大きく感じたり、その逆のパターンもあります。自分が小さく感じたり、他の人が大きく感じたりと。感じるばかりでなく視覚でそのように見えてしまうそうなんです。このアリス症候群にはさまざまな特徴があり、片方の視界だけが大きく見えたりし...
IPアドレス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。